英会話スクールに行ってはいけない理由


完全に無意味とは言いませんが、ほとんどのスクールは、通ってもペラペラになるのは難しいですし,そもそも最も重要な「試験」に受かりません。おそらく、英会話教室があっても無くても、日本の英語力は全く変わりません。日本に数百店舗も英会話教室があるのにもかかわらず、日本の英語力は世界的に見ても底辺です。

まずは自分の英語力をしっかりと分析して、自分の弱点はどこなのか、どこをトレーニングすべきなのか理解した上で、学習してください。本格的に英語を学びたいのであれば、日本人講師の方が良いです。しかもバイリンガルではなく純ジャパ(純粋ジャパニーズ)講師の方が良いです。

また、英会話教室のシステムは必然的に受け身になります。週に1回〜2回のレッスンで満足してもらうわけですから、講師はとにかく”模範解答”を教えます。「日本語のこの表現は英語ではこう」「この質問が来たら、こう答える」この指導法で習うと、その場では知ってる表現が増えてる感覚に陥ります。

実際留学経験も海外への渡航経験もないのに英語をペラペラに話せる日本人はたくさんいます。逆に、全て他人任せで「とりあえず通ってればできるようになる」と考えている人は、いつまでたっても何にも変わりません。たとえ良い英会話スクールに通っても無意味になってしまいます。自分の努力が一番大切です。

講師がネイティブ

DISAGREE!
ネイティブと話しているだけでは語学の力は上がらないむしろ英語力の伸びは遅くなります。全く話せない状態から、自分の力で英語をマスターした人は、英語を話せるようになるプロセスを理解しているからです。ネイティブ講師には英語を体系的に学んだ経験がないので、本質的に学習方法を教えることができないんですよ。だって僕ら日本人もどうやって日本語を勉強したかなんて知りません。ただ、外国人に慣れることはできます。街中で突然話しかけられても、テンパることがなくなると思います。ただ、これだけのメリットのためにはコスパ悪すぎですよね。

授業料が高すぎ

AGREE!
英会話教室に通学する場合、6名以上など大人数のグループレッスンでは1コマ(40~50分)で3,000~4,000円、3~4名程度の少人数のグループレッスンでは1コマ4,000円~5,000円、マンツーマンレッスンとなれば1コマ6,000円~10,000円といった価格帯が相場となります。一方のオンライン英会話の場合、基本的にレッスンはマンツーマンで、毎日25分レッスンを受けたとしても毎月5,000円~6,000円が相場となります。そのため、オンライン英会話の料金と比較すると、英会話教室に通学する場合の料金はかなり割高になることが分かります。やっていることは同じなのに...

試験対策のメソッドがない

AGREE!

ネイティブやバイリンガルは英会話はできても4技能入試の対策はできません。そもそも英検を知らない講師も多数いるのが現実です。分かりやすい例としては日本人であるあなたは「日本語能力試験」の問題を見たことありますか、またそれをみてしっかりと解説できますか、ということです。日本語を話せても日本語の試験を「解説」することはできない、というよりやったことがない。つまり、いくら英語が話せても英検などの試験対策をやったことがないネイティブやバイリンガルに教わっても全く意味がないということです。試験対策では既存の塾が最適です。ノウハウの蓄積が違います。


中高生にとっては百害あって一利なし、の英会話スクール。ではなぜ存在するかと言えば、実は社会人のやり直し組には一定の効果が見込めます。その中でオススメなところを紹介しますのでこのページを読んでいる保護者の中で自分も英語をやり直したい、英会話ができるようになりたい!と思っている方はこちらをご覧ください。